キャッシングリボ払いとは

よくキャッシングとカードローンの違いに関し知りたがる人がいますが、おもなものとしては一括払いか分割払いかというものが挙げられます。
基本的にキャッシングは一括払い、カードローンは分割払いです。
しかしながら、これはあくまでも基本的なケースであり、キャッシングにも分割払いを取り扱っている事業者が少なくありません。

キャッシングにおける分割払いはリボ払いといいます。
正式にはリボルビング払いといいますが、リボ払いはこれを略したものです。
どのような返済方式なのか簡単に説明しますと、残高全体金額に応じ、あらかじめ定められている金額を月々返済していくというものです。

あらかじめ定められている金額とは?と疑問に感じた人もいるでしょうが、各事業者などにより多少の違いはあるものの、一例を出すと残高が5,000~10,000円未満の場合の月々返済額は5,000円、100,000~200,000円未満の場合の月々返済額は10,000円、200,000~300,000円以下の場合の月々の返済額は20,000円といった具合です。
また、残高に関わらず月々の返済額が一定のものもあります。
なお、月々支払う必要のある最少返済義務額のことはミニマムペイメントといいますので、覚えておくと良いでしょう。

リボ払いの基本的な情報は以上ですが、大体どういったものかご理解いただけたでしょうか。
ここではこのリボ払いのメリットやデメリット、複数あるリボ払いの種類と基本的な特徴をご紹介いたします。
リボ払いのご利用を検討されている方の参考になれば幸いです。


[特別リンク]
各キャッシング会社の返済方法などを比較したキャッシング専用の情報サイトです ⇒ キャッシング 比較